いなばにっき

とある大学助手のだらだら日記

スポンサーサイト

いなばにっきはblog.1783.orgに引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテ6のケーブルを自作する

いなばにっきはblog.1783.orgに引っ越しました。

職場で久しぶりにLANケーブルを作ったのでメモ。職場用にもマニュアル作った方がヨサゲだし。

P1020391

P1020394

端から6cmほど皮をむきます。親指の長さが目安だそうです。

P1020395

P1020396

ペアになったままのケーブルを外に向かって折り広げ、中のフィラーを切り落とします。

P1020397

P1020399

ペアになったケーブルのよりを戻します。
ペアの頭をラジオペンチで押さえ、ケーブルのほうをまわしてよりをとるのが後々楽な気がします。ラジオペンチで抑えてクルクルすると先端が傷みますがどうせ切り落とすところなので気にしません。


個人的にA配線が好きなので最終的な配線は
白緑 緑 白橙 青 白青 橙 白茶 茶
になります。白が入っているほうが左に来て、「みどおれあおちゃ」です。で、白の入っていないケーブルだけ、青とオレンジを入れ替えるとこの配線になります。

ですが、Cat6 の場合、ロードバーのこともあり、私は以下の方法のほうが楽だと思います。

P1020400

まず、オレンジを別に分けておきます。

P1020401

残った三色を並べますが、青だけ逆にします。つまり
白緑 緑 青 白青 白茶 茶
となります。

P1020402

三色をまとめて頭を切りますが、なるべく長く残しておきます。

P1020406

オレンジは奥に折っておきます。

P1020403

この6本を先にロードバーに入れます。
ロードバーに入れたら、根元まで持ってこないで入れたところでとめておきます。

P1020407

折ってあった白橙と橙を戻します。このとき、ロードバーの下より少し短いくらいの長さにします。

P1020408

白橙と橙を正しい位置におき、少しずつロードバーを根元に向かって下げていきます。
ロードバーの穴にケーブルを入れようとしてもうまくいきません。あくまでもロードバーのほうを動かします。

P1020409

ロードバーに通ればもう完成したも同然。

P1020410
ロードバーを根元までもっていきます。この例ではいっぱいいっぱいまで寄せていますがこんなに寄せなくてもよさそうです。

P1020411

ケーブルの先端をロードバーにあわせてカットします。

ロードバーに入れたまま、コネクタに挿入します。ロードバーの切れ目にコネクタの金具が刺さるので向きを間違えないようにします。

P1020415

奥まで差し込みます。

P1020416

かしめ工具でかしめて終了。反対側も同様に加工します。
スポンサーサイト

Top

HOME

いなば

Author:いなば
とある私立大学のダラダラ助手。
機械には人格があると信じて疑わない。
最近、体脂肪率がすこ~し下がってとってもうれしい。

あわせて読みたい

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。