いなばにっき

とある大学助手のだらだら日記

スポンサーサイト

いなばにっきはblog.1783.orgに引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グダグダだ…

いなばにっきはblog.1783.orgに引っ越しました。

日本負けたかぁ。悔しいなぁ。
最終的な結果についてはまぁPKだしアレなんだけど、
なんなのかな、あのグダグダな試合は。

実況のスレを見ながら観戦してたんですが、羽生が叩かれてたのがちょっと意外。
羽生は結構よかったと思うんですわ。

日本のここ二戦の敗因はやっぱり引き出しの少なさかな、という印象。
中盤でのパス回しにしても最後のアタックにしても、前に放る、後ろに戻す、SBの上がり、サイドチェンジ、クロス、という90度の動きしかなくて、ペナルティエリア脇からの45度の動きがほとんど見られない。あれは相手としては読みやすいだろうなぁ。
その意味で、羽生はかなり頑張って45度からの侵入、あるいは入っていく素振りを見せてのDFの引き付けという働きをしていて、効果的だったと思いました。

ここまでの得点パターンが、ポストにいる高原に真後ろから入って振り返ってシュート、みたいなパターンだったり、FKなりCKなり(これもある意味真横からの動きだよなぁ)からの得点だったりしたこともあって、それ以外のパターンを引き出せていない感じ。

オシムの言う「考えて走るサッカー」というのは非常に日本チームにあっていて、その方向性は進めてほしいと思うし、今回の敗戦をきっかけに退任してほしくないと強く思うんですが、お互いに疲れてきたときに、やっぱり引き出しが少ないチームは相手にとってかなり守りやすいチームになってしまうので、もう二つ三つ、引き出しをもっておいた方がいいんではないかなぁ。

引き出しという意味では、交代はなんぼなんでもパターン化しすぎ。ちょっとひどいな。

あと、精神論みたいになっちゃっていやだけど、今回の代表チーム、有利なカードを渡されてからびびっちゃいますな。相手が少ないとか得点が追いついたとか。なんつーかこう、精神的に細いんだなぁ。

とかなんとかさんざん文句を言うわけですが、まぁオシムの中でのアジアカップの位置づけが「このパターン」がどれだけ通じるのかのテスト的な部分もあったのかなとは思います。アジアカップでの優勝ということを最優先すれば、一つの戦術に絞らず、複数のパターンを考えていく必要があるんだけど、まぁ、一つのパターンに絞り込んで煮詰めていって、それがどの程度ほかのチームに対して有効だったかの、壮大なテストだったと考えればまぁそれはそれで納得できるような気も。

個人的には、松井、大久保あたりが好きなので、次回はその辺も呼んであげてほしいなと。

いやしかしそれにしてもツライ試合だった。見ててほんとにつらかった。サウジ戦のほうが気持ち的には楽だったな。
スポンサーサイト

Top

HOME

いなば

Author:いなば
とある私立大学のダラダラ助手。
機械には人格があると信じて疑わない。
最近、体脂肪率がすこ~し下がってとってもうれしい。

あわせて読みたい

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。