いなばにっき

とある大学助手のだらだら日記

スポンサーサイト

いなばにっきはblog.1783.orgに引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Office 2007 互換機能パックを管理者権限を持たないユーザでインストールする

いなばにっきはblog.1783.orgに引っ越しました。

Office2003 以前のバージョンでも、Office 2007 のファイルを開くことのできる「Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック」ですが、インストールには管理者権限が必要です。
個人で使っている場合には特に問題ないのですが、大学のような場で
・各利用者は管理者権限を持っていない
・学生から Office 2007形式のファイルが添付されてきて開けない
みたいな状況になると、最悪、手作業でインストールして回りましょうか的な話になるわけです。

で、そんなの面倒なのでちょっとごにょってみたらできたので備忘録代わりにメモ。

概要


Runasa を使って、ネットワークドライブ上に置いた展開済みの互換機能パックをインストールする


管理者権限を持つユーザでやっておくべき準備作業


まず、Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックをダウンロードします。

次にダウンロードした互換機能パックを展開します。
FileFormatConverters.exe /extract:c:\tmp\
この作業で、C:\tmp に互換機能パックの内容が展開されます。
展開されたファイル群をネットワークドライブ上にコピーします。
・Catalog ディレクトリ
・O12Conv.cab
・O12Conv.msi
が必要です。コピー先はここでは仮に
\\server\dir
とします。

さらに、Windows インストーラの実行ファイル
C:\windows\system32\msiexec.exe
を、先ほどのネットワークドライブ
\\server\dir
にコピーします。これは、実行ファイルが RUNASA.EXE と同じ場所に存在する必要があるからです。

次に、TORO's LibraryさんからRUNASAを入手します。圧縮ファイルを解凍したら、
・RUNASA.EXE
・RUNASAS.EXE
を先ほどとおなじ
\\server\dir
にコピーします。

コピー先で(これ非常に重要) RUNASA を起動します。ローカルマシン上で起動しても、思い通りの結果になりません。

「登録コマンド」に、Windows インストーラの実行ファイルのパスを UNC表記で記述します。ここでは
\\server\dir\msiexec.exe
になります。

「パラメータ」に、上記実行ファイルに渡すパラメータを記述します。ここでは、
/i \\server\dir\O12Conv.msi
になります。

「ショートカット名」は任意のファイル名を。ここで設定したファイル名で、デスクトップ上に実行ファイルが生成されます。ここでは
runme.exe
にしておきます。

「ユーザ名」は administrator にします。
「パスワード」は、ローカルの administrator のパスワードを記述します。
「ドメイン名」は「.」(半角ピリオド一個)を記述します。これで「このコンピュータ」を指します。
「高度なオプション」の「配布用」にチェックを入れます。これ、重要です。

ここまで記述したら「登録」を押します。すると、デスクトップ上に runme.exe ができているので、これを
\\server\dir
にコピーします。これで準備完了です。
利用者さんに、メールか何かで
\\server\dir\runme.exe
の場所を示したり、グループウェアや Web サイトなどで上記の実行ファイルへのリンクを張っておきます。


利用者さんがやる作業


上記のリンクをクリックするなどして、
\\server\dir\runme.exe
を実行します。あとは放っておけばインストーラがもりもり立ち上がります。


メモ:
互換機能パックの展開、という手順に思い至らず、しばらくハマりました。最終的には後述する Runasa を使って「管理者権限でインストール」を実現するのですが、Runasa が「管理者権限で実行する」のはあくまでも実行ファイルそのものです。
FileFormatConverters.exe は、
・msi ファイルなどを展開
・msiexec.exe を起動し、msi ファイルを渡す
という処理を行うのですが、実際のインストールを行うのは、msiexec.exe なので、Runasa で実行するべきはこのファイルです。FileFormatConverters.exe をいくら実行しても、次の段階で msiexec.exe を動かそうとしたタイミングでエラーが発生します。

メモ2:
msiexec.exe のコマンドラインオプションは、MSのサポートオンラインをみるか、コマンドプロンプトで
msiexec /?
で確認してください。
スポンサーサイト

カテ6のケーブルを自作する

いなばにっきはblog.1783.orgに引っ越しました。

職場で久しぶりにLANケーブルを作ったのでメモ。職場用にもマニュアル作った方がヨサゲだし。

P1020391

P1020394

端から6cmほど皮をむきます。親指の長さが目安だそうです。

P1020395

P1020396

ペアになったままのケーブルを外に向かって折り広げ、中のフィラーを切り落とします。

P1020397

P1020399

ペアになったケーブルのよりを戻します。
ペアの頭をラジオペンチで押さえ、ケーブルのほうをまわしてよりをとるのが後々楽な気がします。ラジオペンチで抑えてクルクルすると先端が傷みますがどうせ切り落とすところなので気にしません。


個人的にA配線が好きなので最終的な配線は
白緑 緑 白橙 青 白青 橙 白茶 茶
になります。白が入っているほうが左に来て、「みどおれあおちゃ」です。で、白の入っていないケーブルだけ、青とオレンジを入れ替えるとこの配線になります。

ですが、Cat6 の場合、ロードバーのこともあり、私は以下の方法のほうが楽だと思います。

P1020400

まず、オレンジを別に分けておきます。

P1020401

残った三色を並べますが、青だけ逆にします。つまり
白緑 緑 青 白青 白茶 茶
となります。

P1020402

三色をまとめて頭を切りますが、なるべく長く残しておきます。

P1020406

オレンジは奥に折っておきます。

P1020403

この6本を先にロードバーに入れます。
ロードバーに入れたら、根元まで持ってこないで入れたところでとめておきます。

P1020407

折ってあった白橙と橙を戻します。このとき、ロードバーの下より少し短いくらいの長さにします。

P1020408

白橙と橙を正しい位置におき、少しずつロードバーを根元に向かって下げていきます。
ロードバーの穴にケーブルを入れようとしてもうまくいきません。あくまでもロードバーのほうを動かします。

P1020409

ロードバーに通ればもう完成したも同然。

P1020410
ロードバーを根元までもっていきます。この例ではいっぱいいっぱいまで寄せていますがこんなに寄せなくてもよさそうです。

P1020411

ケーブルの先端をロードバーにあわせてカットします。

ロードバーに入れたまま、コネクタに挿入します。ロードバーの切れ目にコネクタの金具が刺さるので向きを間違えないようにします。

P1020415

奥まで差し込みます。

P1020416

かしめ工具でかしめて終了。反対側も同様に加工します。

Top

HOME

いなば

Author:いなば
とある私立大学のダラダラ助手。
機械には人格があると信じて疑わない。
最近、体脂肪率がすこ~し下がってとってもうれしい。

あわせて読みたい

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。